ダイエットするにはお米は避けるべき?

MENU

お米を避けることが正しいダイエット?

暖かくなってきて露出の多い洋服を着るようになるとやっぱり気になるのは二の腕の脂肪をまた体の太った状態を何とかしようと様々なダイエットを考えると思います。そういうダイエットの中には糖質をオフさせたり食べ物を断食したいなど、考えられるものは色々なものがあると思いますが、中にはご飯、特にお米が大好きな方も多くおられます。
しかしご飯というものは糖質になるので ダイエットには避けるほうがいいというイメージを持つ方もおられると思います。
日本人なのであったかい白いお米のご飯はすごく美味しく感じると思いますが ご飯というのはでんぷんの塊である以上食べると血糖値を一気に上げてしまいます。
これはご飯に含まれるデンプンが吸収されやすくさらに消化されやすいために血糖値を多く分泌される傾向があるというものなのですしかしご飯を冷やすとこのでんぷんがレジスタントスターチまたは難消化性デンプンというデンプンに変わります。
この変質によってご飯は小腸で 消化吸収されにくく大腸に運ばれるようになりますしょうちょうというのはカロリーなどを吸収する器官なのでここで消化吸収されない傾向にあるレジスタントスターチというものはその分ご飯を食べていてもカロリーをカットされるということになるんだそうです。
ただし全てのカロリーがカットされるわけではなく冷やご飯というのは 通常の温かいご飯よりも 半分程度のカロリーになるんだそうでこれにより血糖値が上がりにくくなりにから腸にゆっくり移動するようになるので血糖値の上昇幅も緩やかに上がっていきます。
酵素ドリンクの中には砂糖が多く使われるものがたくさんありますそのようなものはいくら酵素ダイエットをしていてもやはり血糖値は上がってしまうのでいくらジュースクレンズにそのドリンクを使ったとしても 無添加のものによりも効果は見込めなくなります。
ならば仕事や家事育児の忙しくないタイミングで酵素ドリンクを使ったジュースクレンズを行い それ以外の休息日あたりに冷たいご飯を使ってカロリーを制限するというダイエット方法を提案しています。
いくら効果があると言われているダイエット方法であったとしてもそれによりストレスを抱えてしまったらダイエットの効果はなかなか現れてくれません。
特に酵素ドリンクというのは一般的には 結構なお値段がする商品なのでできるならばダイエットの結果も目に見える形で体重を減る数値として現れて欲しいものです。
ストレスを抱えない酵素ドリンクの飲み方これは口コミでダイエットに成功されている方のやり方を真似るのではなくあなたなりの適したダイエットを継続するということがダイエット成功への近道となります。